覚え書き

2009年9月 3日 (木)

【Photoshop】クリッピングパスについてのメモ

先日、上司から
「ごめん、ちょっと急ぎでこの写真のパス切って~」
と言われました。

パス切り、つまり、使いたい部分だけ選択出来るように
輪郭を書くってことです。(わかりやすく言うとね)
別に、がーっと消しゴムツールで消してもいいんだけど
細かいものだとそれじゃキレイに消せないので、
ちまちまとクリッピングパスを書くわけです。

で、

実はよくわからないまま、なんとなくせっせとパスを
書いて、上司に渡したところ、

「これ、中の部分が抜けないんだけども、何で?」

と言われてしまいました。
ありゃー?と思い速攻で検索。
困った時のグーグル先生です。ちゃんと解答が。
やりかた忘れるってこともないでしょうけど、一応メモを
残しておきましょう…。


1)新規パスを作る
Memo2

パスのタブのところで「新規パス」レイヤーを作る。
作らなくても「作業用パス」が出来るっぽいんですが
作った方がわかりやすい。
ごみ箱アイコンの横のめくれてるやつをぽちっとな。

2)ペンツールの設定
Memo1

レイヤー作ったら、ペンツールにして画面上に並んでる
設定を確認。(画像参照)
この時、『シェイプが重なる領域を中マド』を選択して
おかないと、内側に書いたパスが抜けないという罠。

3)後はひたすらポチポチと
設定したら後は心おきなくポチポチとパスを書くべし。
細かいなー、見づらいなー、とかぼやきながら
ポチポチと。
全部キレイに書けたら、パスレイヤーを右クリックで
「選択範囲を作成」
これで、メインのオブジェクトだけ選択されるのだ!
あとはクリッピングパスを作成するもよし、選択範囲を
反転させて豪快にデリートするもよし。

Memo3
↑クリックで拡大
ちゃんと目の部分が抜けてる訳です。

ちなみに、うっかり『シェイプが重なる領域を中マド』
を選んでおくのを忘れた場合でも、書いたパスを
全部選択してから設定変更すれば無問題。
(だった、私の場合は。)

それにしても、3時間半もぶっ通しでパス切ってた
ことに驚愕しました。時間が経つの早いなー。

2009年4月13日 (月)

lightwindowとswfレイヤーの表示

本人用メモ書きなので特に読んでも面白くはない。

lightwindow(lightboxも)を表示しようとするページに
swfがあるとどういう訳かswfがlightwindowより前に
出てきてウザイ件。

objectタグに
を追加し、
embedタグ内にwmode="transparent"を追加すべし。

swfをスクリプトで読み込んでる場合はまた別に設定が
あるみたいだけど、とりあえず私はそれ使ってないので
必要な時にまた調べよう。うん。

初心者らしい問題だわね…。

その他のカテゴリー